情報拡散について利用したいSNSの落とし穴

狙いを定めたSNSを使うこと

インターネットのSNSで集客を考えている人でまず注意しなければならないのがその終局方法で目的にあってるのかということです。

SNSによる主客を希望される方で多いのが流行にのろうとされる方です。
流行にのればあらかた大丈夫とたかをくくっている人も多いみたいです。
果たしてその方法が自分の望む集客に結び付くのかよく検討された方がよいです。

次にいろいろなSNSの種類があるとご紹介しました。
SNSと聞いて種類を選ばずに幅広く広告を出して集客をされる方もいます。

ですが、幅広く広告を出せば集客ができるというわけではありません。
幅広い分ターゲットが別れてしまい、かえって集客というより悪評が広まってしまう場合もあります。

動画をあげられるSNS

まず動画を掲載できるSNSからです。
ここでの注意点は動画なので喋ったり動きがないと動画という強みが生かせません。
せっかくの動画なのにテロップだけ出ていてお供動きも何もないと飽きられてしまいます。

動画の良いところは動画投稿者の人間性をより身近に感じてもらえることです。
身近に感じてもらうことで親近感がわき興味を持ってもらえます。
また動画が面白ければ拡散されより集客につながります。

ですが、逆を言えば動画がつまらなければ集客能力はゼロです。
動画は活字と違い視聴者に与える情報量も莫大です。
それがクリアできないのであれば動画は拡散されませんし、宣伝効果も薄く集客にも結びつきません。
動画は一番興味を持ってもらいやすいですが、作り込むことが大事なのです。


TOP